青汁ゼリーサプリメントで腸活のすすめ!

 

腸活とは腸の動きや働きを良くすることによって、ひいては体全体のコンディションもどんどん健康にしていく健康法のことで、最近世間ではとても流行しています。

腸というのは体の中の臓器でも大事な部分のひとつであり、人間の健康にも大きく関わってきている臓器なのです。

腸の中の環境が正常化されることによって、ダイエット効果や美肌効果なども期待することが出来るのです。

まずは自分の現在の腸内がどのような状況なのかを知る必要があります。

肉類や脂っこいもの、甘いものなどをよく食べる人、深夜に飲食をしたり生活が不規則な人、運動不足や不定期にはげしい運動を行う人、睡眠時間が極端に短い・または極端に長い人、生活のリズムが安定していない人、朝の排便がほとんどない人、便のガスが少なくにおいもほとんどない人などは、気付かないうちに腸内の環境が悪くなってしまっている場合があります。

当てはまる人は気をつけましょう。

腸活による主な効果として考えられることは、まずは血液の流れが改善されるという点が挙げられます。

腸の調子がよくなると、代謝の機能も上がっていくため、老廃物や脂肪が体の中にたまりにくくなります。肥満が解消されていくきっかけになるのです。

代謝があがると体全体の血液の流れもよくなるので、疲れやだるさなどの解消にもつながっていきます。肌や免疫の向上効果も期待することが出来ます。老廃物が排出されるようになるので、肌に良い影響を与えます。

便秘や軟便の解消にもつながるので、免疫力もアップして健康な体を保つことが可能になります。口臭が酷い人の場合は、腸内がきれいになると口臭や体臭の改善につながることがあります。便のにおいも解消されます。

腸内の環境が悪いと悪玉菌がたまりやすくなり、ガンなどの病気のリスクが高くなってしまいます。腸活を行うことによって、悪玉菌を減らし病気のリスクを軽減することが出来るのです。

腸活の方法ですが、簡単に行うことができるのは適度に水を飲むということです。

腸の中をきれいにするために適度に水を摂取します。朝起きたら水を飲む習慣をもつと良いでしょう。朝は腸も動きが悪いので、水を飲むことによって腸を起こすことも出来ます。

しかし冷たい水を一気飲みしては腸もびっくりしてしまうので、白湯などを飲むと腸への負担も軽くなります。一日に飲む水の量としては、男性なら1日2リットル程度、女性であれば1日1.5リットル程度が目安となります。

毎日3食決まった時間に食べるということも大切です。食事のペースを作ることによって腸の働きを整えることが出来ます。

次に腸の状態を良くする食べ物を摂取するように心がけましょう。腸の状態をよくする食べ物は、納豆、ヨーグルト、梅干、山芋、豆類、白菜、ほうれん草、ごぼう、にんじんなどになります。

腸活のポイントは発酵食品と食物繊維を意識的に摂取していくことになります。

毎日運動することを心がけましょう。1日に必ず行う運動を取り入れることによって生活習慣を正すことも出来ます。

プチ断食もおすすめです。あくまでプチ断食ですので、本格的な断食をする場合には必ず専門家や医師の指導のもと行うようにしましょう。

腸活の際にしてはいけないことですが、冷たいものの過剰摂取は絶対にやめましょう。

またできれば極力冷たいものは摂取しないようにすることが大切です。

腸が敏感になっている状態で冷たいものを摂取してしまうと、腸がびっくりしてしまって過剰反応を起こして下痢などになってしまう場合もあるので注意が必要です。常温か人肌のものを摂取するようにしましょう。

お腹を冷やさないようにする努力も必要です。お腹が冷えてしまうと血液の循環が悪くなるので、腸の動きも悪くなってしまいます。冬場は腹巻をするなどお腹の周りを冷やさないようにしましょう。

断食をする場合は無理な断食をしないように注意しましょう。

毎日食べ物だけで腸活するのも大変なので、サプリメントや青汁ゼリーなどの健康食品の摂取も合わせて行うことをおすすめします。

青汁自体は健康にとても良いものなのですが、苦くて飲み辛いという人も多いかと思います。

そういう人のために便活・腸活!便秘解消ダイエット「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」という青汁ゼリーが販売されています。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレの青汁ゼリーとは名前のとおりに青汁の効果をそのままにゼリー化することによって、青汁が苦手で飲めない人でも簡単に摂取することが出来るような製品になっています。

青汁を飲んだときの独特な青臭さを感じることはありません。自然の優しい甘さを引き出しているので、摂取しやすい味に工夫されています。

便活・腸活で便秘解消ダイエットできる青汁ゼリー「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」には食物繊維が多く含まれているので、腸活・便活ににおすすめです。また発酵エキスも含まれています。上手に青汁ゼリーなどのサプリメントも取り入れて、積極的に腸活を行っていきましょう。

 

40代から健康な毎日の為に始める乳酸菌!

 

人は、40代を過ぎると腸内の善玉菌が減少したり、悪玉菌が増える傾向があると、一般的に知られています。

健康を考えるのであれば、不足しがちな乳酸菌を補給したり、善玉菌を増やす取り組みを始めることが大切となります。40代という年齢に加え、乳酸菌不足も不摂生を加速しますから、健康の為にはまず、生活習慣を整える点が重要です。

肉体的健康のピークは、20代を境に減少を続けますが、その変化は特に、40代に入ってから気が付くケースが少なくありません。

急に体調が悪く感じられたり、疲労感が抜けない悩みが生じやすくなるので、体内の健康に目を向け、一つずつ改善する必要があるでしょう。

乳酸菌はまさに、腸内から健康を促進することが出来る、魅力的な栄養成分の一つです。

勿論、これだけで万全とはいきませんが、腸の状態は時に、全身に影響を及ぼすので、お腹の中から健康を考えることが大切です。40代で乳酸菌が不足すると、毎日便秘がちになったり、お腹が張って体調が優れない、そのような状態に陥ります。

また、継続的な便秘は、肌の状態にも影響し始めるので、乾燥気味で潤いがなくなったり、吹き出物が発生する等のリスクが高まります。

体に不調を感じたら、40代の変化に目を向けて、乳酸菌の摂取を検討することがおすすめです。40代でもアクティブに、そして今後も健康であり続けたいなら、若さの持続を念頭に置いて、日々の取り組み始めがポイントとなります。

食生活の面では食物繊維を中心に、幅広く栄養素を摂取することが、40代の健康の実現へと結び付きます。

ただ、食事だけでは足りない栄養素もあるので、その場合は乳酸菌サプリ「女神フローラ」を摂取するなど意識的に乳酸菌を摂ると良いでしょう。腸内では、日々の食事や生活習慣によって、悪玉菌が活性化したり、善玉菌が減るアンバランスが生じます。

40代に入っても、腸内バランスに目を向けず放置を行えば、慢性的な便秘やお腹の不快感、肌に現れる悩みが発生し兼ねません。

乳酸菌の摂取は、これらの悩みを解消することが出来たり、毎日を元気良く、自信を持って活動する切っ掛けに変わります。

しかし、ただ乳酸菌を摂るだけでは、十分な効果が発揮されず、希望した通りの結果にはなりにくいので、やはり総合的に取り組むことが必要です。

毎日摂る乳酸菌は、良質な加工が施された物を選んだり、信頼出来る製品を選択することが肝心です。乳飲料だけではなく、乳酸菌サプリも40代の味方となりますから、幅広く選択肢に加え、それぞれ比較して絞り込む点がヒントとなります。

乳酸菌サプリ「女神フローラ」なら、今話題のフェカリス菌・ガゼイ菌・ブルガリクスなど全17種類・1.7兆個の乳酸菌を配合しており、市販のヨーグルトのように1種類の乳酸菌だけではなく、質の高い多種類の乳酸菌を一度に多く摂取することができます。

毎朝が忙しく、お腹に不安を抱えている40代は、ドリンクタイプの製品が、健康を支える助けに加わります。乳酸菌飲料は、甘めの味付けがされていたり、小容量で直ぐに飲めるので、子供向けというイメージが拭えません。

ところが、そこに含まれる乳酸菌は豊富ですし、量が少なくても腸内で十分に働きますから、決して子供だけではなく、大人にとっても無視出来ない魅力を備えます。

残念ながら乳酸菌の多くは、胃を通り過ぎて大腸に届く前に、多数が生き残れず減少してしまいます。それでも、残った菌は腸内に到達し、そこに定着して善玉菌の働きを助けます。

40代の腸内は、それまでの生活習慣にもよりますが、多くの人は悪玉菌の増加に対抗出来ていない状態です。

健康を求めるのであれば、腸内バランスの正常化は不可欠ですから、健康を支える生活習慣の改善や、外から働きかけるサポートの重要性が上昇します。

食生活の見直しを始めたら、栄養素を消費する間食であったり、暴飲暴食を避けることが健康の基本になります。

食事も胃腸を酷使するので、消化器官に休む余裕がないと、内臓が疲れて肉体的にも疲労感が発生します。

一方、野菜不足と肉食傾向の食生活は、腸内にガスを発生させたり、悪玉菌を後押ししてしまう、健康とは反対の状態に導いてしまうでしょう。

肉体に変化を感じる40代は、このタイミングで取り組む健康習慣が、将来の安心であったり、元気を左右する決め手になり得ます。

50代から60代に掛けての衰え、定年退職後の生活変化、老後の肉体的な安心を考えるなら、40代で乳酸菌を採り入れる、そういった改善の試みに価値が現れます。

40代後半を過ぎて、早めに体を気遣っておけばよかったと後悔しない為には、体に変化や衰えが表面化する、40代初めが改善のチャンスとなります。

乳酸菌サプリ「女神フローラ」を摂取することで、体の調子が良くなり始めたり、健康的に生活出来ているといった、内面的な自信が精神に影響します。女性であれば、40代にも関わらず化粧ノリが良くなったり、肌ツヤに改善の兆しが現れれば、腸内の状態は良好に向かっていると判断出来ます。

男性の場合は、二日酔いが軽減される、毎日スッキリ出て気分が爽快等、こちらも40代で悩みがちな体の状態改善が、体内の状態を把握するバロメーターとなるでしょう。

40代で出来ることは、体の負担となる生活習慣を避けたり、無理のない毎日を過ごすことが取り組みの基本です。とは言っても、急に体の負担を軽減するのは難しく、お酒を飲む必要がある状況も少なくなくありません。

40代が目前に迫ったり、40代に突入している時は、不足する栄養成分を考え、不足分を取り始めることが、これからも長く続く人生の安心の実現に役立ちます。

 

乳酸菌がアレルギー体質を改善!

 

花粉症やハウスダストだけでなく、食べ物のアレルギー体質の方も増えています。

外部からの埃などが体内に侵入してしまい起こってしまう理由は、体には悪い影響はないにも関わらず体内が過敏に反応してしまって、毒物だと認識してしまうことによって、くしゃみや鼻水、目のかゆみといった症状が起こってしまいます。

人によっては、肌荒れや蕁麻疹なども起こってしまいます。また、体の免疫機能が低下していることによっても、そういったアレルギー反応が現れることがあります。

普段はなんともないのに、風邪を引いている時や、疲れやストレスが溜まっていると、体の免疫機能が低下しているので、少しの刺激にも敏感になっている体は、通常だと問題ないにも関わらず毒物だとみなして体の外に排出しようとします。

遺伝的な要因や環境的な要因など、様々なことが言われていますが、実際には人それぞれ理由が異なっているので、一概にこれといった理由を付けることは難しいのが現状です。

そんな困った体の反応を出来るだけ抑えるのは、体の免疫機能を高めることが大切です。

体の免疫機能の約60パーセントは腸にあるとも言われています。

腸は体内でも悪玉菌と戦ってくれる乳酸菌やビフィズス菌を沢山保有することによって、免疫機能が高まります。

体の中でも数少ない吸収期間ですから、万が一、腸内に毒物のような物質が入ってしまうと、抵抗力が弱っている場合、腸から毒物が体内に侵入してしまって、体は様々な反応を示してしまいますから、体が悪いと思ったものは、腸内の免疫力を高めることによって、抑えることが出来ます。

腸内の免疫力を高める菌と言えば、代表的なのが乳酸菌です。乳酸菌は赤ちゃんの頃をピークに大人になるにつれて減少しいきます。

昔から、どの国や地域でも、摂取してきました。例えば、日本で言えば漬物です。韓国ならキムチ、ヨーグルトやチーズ製品などを良く食べるヨーロッパ。昔から、乳酸菌の存在によって、体の免疫機能を高めていました。

最近では、食品で摂取するだけでなく、サプリメントを使って摂取することが出来ます。

腸内フローラを元気にする乳酸菌サプリ「女神フローラ」は、負けない抵抗力に役立つ今話題のフェカリス菌を1.7兆個も配合していますし、さらに16種類の乳酸菌由来の成分が、善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、健やかな腸内環境を維持し、健康・ダイエット・美容を同時に叶えることができるのでおすすめです。

また、ジュースなどにも含まれているので、手軽に摂ることが出来ます。

摂取しても、便と一緒に排出されてしまう為、定期的に摂取するように心掛けることが大切です。食物繊維などと一緒に摂ると更にその効果が上がっていきます。

乳酸菌の効果効能を最大限に引き出せるようになっている製品もあるくらいです。

積極的に乳酸菌を摂取して、腸の働きを良くしていきましょう。

腸は伸ばすと6メートル程あります。この長い腸内で起こっている様々な攻防戦を助けるのには、口から摂取する物が非常に大切になってきます。

また、生物は基本的には飢餓時代を過ごしていることのが長い為に、食べた物からは出来るだけ栄養を摂取しようという働きがあります。その為、便になるまでの間、食べた物から最後の最後まで栄養を吸収しようという働きがあります。

しいていうのならば、食べにくいお魚を骨の髄まで食べつくすのと似たようなことを腸内で行っているのです。

食べた物を吸収するだけでなく、体内の古くなった細胞は腸内に運ばれて腸の表面にまで押し出されて、便と一緒に排出されます。

一度取り込んでしまったアレルギー反応を起こしてしまうよな物質も、口から入って、腸内から取り込まれて、血管内などに運ばれているかもしれませんが、しっかりと腸から出すことが出来ます。

デトックスという言葉があり、汗を掻いたり涙を流すことで体内の老廃物を排出出来る効果ですが、最大のデトックスは便を出すことです。

便は体のいらなくなった物質を対外に排出してくれる為、便秘などで体内に便が滞ってしまうと、腸はそこからもまだまだ栄養になりそうな物を吸収しようとします。

それは、水分であるなどほんの小さな栄養素も吸収しようとしてしまい、場合によっては、体に良くないとされて排出しようとした物質も吸収しかねませんから、便秘などはアレルギー反応を引き起こす原因にもなりますから、定期的に排出出来るようにしておくことが大切です。

食べ物のアレルギー反応も実は食べ物に問題があるのではなく、体の抵抗力が弱っていることが原因にあるかもしれないという研究もあります。

以前はそれ程敏感でなかった体、何かを食べたからと言って、毒を含んでいる食べ物以外に対して何かしらの反応を示してしまうのは、体の免疫力の低下によって起こっているとも言われています。

免疫力を高めるには、根本的に体を変えていくしかありません。規則正しい生活や食生活、ストレスを溜めないような生活をしていかなければなりません。

しかし、現代社会では、健康的な生活を送ること自体が難しくなっていると言っても過言ではありませんから、腸内フローラを元気にする乳酸菌サプリ「女神フローラ」を摂取したり、何か癒しの効果があるようなアロマなどを使って、日頃から心身ともに健康を保てるようにしていきましょう。

 

腸内で活躍する1000億個の乳酸菌について!

 

わたしたちの腸の中には、腸内フローラという細菌叢が存在しています。

この中には人間にとって良い働きをする善玉菌、悪い働きをする悪玉菌、善玉菌と悪玉菌の双方にも属さない日和見菌の3種類に分けられます。

まずはこれらの特徴について紹介しましょう。

善玉菌とはわたしたちの健康を助け、体内の環境を良くする働きを持ちます。例えばビタミンの合成などには欠かせませんし、外部から入ってくる有害な菌を除くためにも必要です。

さらに免疫力を高める力を持ち、悪玉菌が増殖しすぎるのを防いでもくれるのです。善玉菌は腸内を酸性にし、安定化します。代表的な善玉菌は腸内ビフィズス菌やユウバクテリウムなどがあります。乳酸菌もこちらに含まれます。

一方で悪玉菌は人体に有害な働きをする菌のことを指します。具体的には脂質やたんぱく質を腐敗させるので、アンモニアや硫化水素を発生させ、悪臭の原因となります。

また発がん物質や毒素のある有害な物質は、他にもたくさん作り出します。そのことによって身体の抵抗力を弱めてしまうので、体力が低下したり風邪をひきやすい体質にしてしまうのです。

悪玉菌は腸内をアルカリ性にしてしまうので、善玉菌の活動を抑制してしまうので、この点からも非常に良くないことだと言えるでしょう。大腸菌やブドウ球菌、ウェルシュ菌などがこれに当たります。

しかしだからといって悪玉菌が無くなれば良いというのも、これは違います。バランスを保つことが必要なのです。

腸内の細菌に占める適正な善玉菌の割合は15%、悪玉菌の割合は10%となっています。それでは残りの75%はどのようなタイプの細菌なのでしょうか。

それが3つ目の種類である日和見菌です。これは善玉菌にも悪玉菌にも属さないものの、善玉菌が強い時には善玉菌に、悪玉菌が強い時には悪玉菌になってしまう細菌のことを指します。

ですからほんの少しのきっかけで、悪玉菌が圧倒的な優勢になってしまい、体調を壊すきっかけになってしまいます。そのため日常的に体外から善玉菌を取り入れることが重要というわけです。

一般的に有名な善玉菌としては、乳酸菌やビフィズス菌が挙げられます。

この2種類は働きが良く似ているので、しばしば混同されるのですが、実は違いがあるのです。ここではそのことについて紹介しましょう。

まず乳酸菌ですが、こちらは乳酸を作り出す最近の総称となっています。生物学的な分類上では、「ラクトバチルス(乳酸桿菌)」や「ラクトコッカス(乳酸球菌)」などです。

前者は棒状で、後者は球状です。腸内で行う主な役割としては、ビフィズス菌のサポート役です。具体的にはビフィズス菌の生息しやすい環境を作る役割を担っているとされています。

腸内に生息する乳酸菌の数は善玉菌の0.1%以下です。これは個数でいうと1000億個となっています。

食品から取り入れる際には牛乳やチーズなどの乳製品が一般的です。特にヨーグルトに関しては、近年では乳酸菌を多く含んだものが増えてきていますから、非常に有効であると言えるでしょう。

他にも味噌や納豆、キムチのような発酵食品に多く含まれることが知られています。

取り入れられた乳酸菌の多くは胃酸によってほとんど死滅してしまい、腸までたどり着くものはほとんどありません。しかし一部は腸に届くので、これが活躍してくれるというわけです。

最近発売されているヨーグルトの中には、生きたまま腸に乳酸菌やビフィズス菌を届けることを目標にしたものも増えています。また死滅した乳酸菌も決して役に立たないわけではありません。

口コミで大人気の乳酸菌サプリメント「女神フローラ」は、加熱殺菌処理をした死菌の状態で摂り入れても効果を発揮し、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善し、高い整腸効果や免疫力アップ・抗アレルギー・ダイエット効果が期待できるのでおすすめです。

次にビフィズス菌について紹介しましょう。ビフィズス菌は乳酸と酢酸を作り出す細菌のことで、生物学上では「ビフィドバクテリウム」と呼びます。

人間の腸内にいる善玉菌の99.9%を占め、1兆?10兆個が存在しているとされています。これは乳酸菌の100倍から1万倍という数です。ビフィズス菌はY字やV字などの特殊な分岐を持つ形状で、ビフィズス菌という名前もここからきています。

ビフィズスというのはラテン語で分岐を意味するのです。ビフィズス菌は酸素があると生育できません。この性質は偏性嫌気性と呼ばれ、自然界で幅広く生息することはできない仕組みになっています。

一方で乳酸菌は通性嫌気性という性質を持ちます。こちらは空気があっても生息できるので、自然界でも多く見られます。

口コミで大人気の乳酸菌サプリメント「女神フローラ」は、今話題のフェカリス菌・ガゼイ菌・ブルガリクスなど全17種類・1.7兆個の乳酸菌やオリゴ糖が配合されています。自分の体質に合う乳酸菌を摂取し、スッキリ力を長続きし、 ダイエットのサポートと同時に腸内環境を整えてくれます。